初めて受診される方へ

消化器内科

消化器内科

消化器内科は、食道や胃、腸などの管腔臓器、肝臓や胆道、すい臓などの実質臓器の病気を扱う専門科です。

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

胃液や胆汁が何らかの原因で食道に逆流して、食道の粘膜に炎症を起こす疾患です。


症状

逆流性食道炎の症状には、胸やけ、ノドの違和感、ゲップ、胃が重苦しい、おなかが張るなどがあります。
これらの症状のひとつ、またはいくつかが頻繁に続く場合、逆流性食道炎の可能性があります。


原因

食生活の変化
脂肪の多いもの、甘い物を食べると胃酸が多く出て、食道に胃酸が逆流しやすくなります。

生活習慣の悪化
飲酒やタバコは逆流性食道炎の発生を促進します。

ストレスの増大
ストレスは、食道の働きを弱くします。


治療法

胃酸が食道へ逆流しないように胃酸を抑える薬などを処方します。
数日間服用すれば、通常ほとんどの人の自覚症状はなくなりますが、食道粘膜の炎症が治ったわけではありませんので、医師の診断の下、正しく服用して下さい。


胃潰瘍/十二指腸潰瘍

胃潰瘍/十二指腸潰瘍とは

胃や十二指腸の内側は、胃酸や胃液によって粘膜が傷つかないようにするための防御機構を持っています。
この防御機構が、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬などによって傷害されて粘膜が傷つき、そこから入る胃液よって、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気です。


症状

胃部の痛みや不快な症状を感じます。
重度になると、その部分から出血して吐血や便に血液が混じったりします。また胃・十二指腸に穴があいたり、腹膜炎を発症したりします。


原因

胃や十二指腸の内側は、胃酸や胃液によって粘膜が傷つかないようにするための防御機構を持っています。
この防御機構が、ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬などによって傷害されて粘膜が傷つき、そこから入る胃液よって、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなる病気です。


治療法

最近の潰瘍治療薬は非常に効果的であり、ほとんどの潰瘍は手術をせず、内科的治療で治ります。
原因がストレス、アルコールの過剰摂取、または薬剤である場合は、それらを取り除き、あわせて内服薬を処方します。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬には、胃酸分泌抑制薬や胃粘膜保護薬などがあります。 
胃酸分泌抑制薬は、胃を刺激する胃酸の分泌を強力に抑えます。 胃粘膜保護薬は、胃粘液分泌促進と血流の改善を促すなどの働き持ち、胃の粘膜を保護します。

その他の主な病気

急性胃炎/慢性胃炎/胃ポリープ/十二指腸ポリープ/胃がん/食道がん/十二指腸がん、等

受診前のセルフチェック

胃の不快感、痛みがある
吐き気がする
食欲が低下している
下痢、血便の症状がある
潜血便検査が陽性だった
腹痛と発熱が続いている


クリニック概要

くすの木クリニック

〒238-0011 神奈川県横須賀市米ケ浜通1-17 YMビル4・5F
※内科4階・小児科5階

TEL:046-884-8862

内科(4階)

  診療受付時間 日/祝
一般診察 09:00~
13:00
一般診察 15:00~
18:00

小児科(5階)

  診療受付時間 日/祝
一般診察 09:00~
12:00
予防接種
・健診
15:00~
16:00
一般診察 16:00~
17:30

※内科は予約優先、心療内科初診は完全予約制になります。
   小児科の予防接種・健診は予約制になります。
   小児科の一般診察は受付順での診察になります。

近隣に提携している駐車場があります。

駐車場のご案内はこちら


診療科目

内視鏡検査

上部・下部内視鏡に対応

詳しくはこちら


健康診断

横須賀市の市民健診に対応(乳がん、子宮頸がん、歯科は不可) 

詳しくはこちら


予防接種

様々な予防接種が可能

詳しくはこちら


小児予防接種・乳幼児健診

当院は横須賀市のワクチン・健診協力医療機関です。

詳しくはこちら


小児科豆知識

小児科のちょっとためになる情報

詳しくはこちら


ページのトップへ