初めて受診される方へ

小児科

小児科豆知識

ちょっとためになる情報を載せています。
よろしければご覧ください。

■ お薬の飲ませ方 ■

粉薬が苦手という子・・・多いです。
抗生剤はシロップ薬がなく粉薬でしか処方できません。
また喘息で使用する薬にも粉薬でしか出せないものもあります。
そのためお薬の飲ませ方のコツをまとめてみましたので、よければ参考にしてください。

シロップ(水薬)
シロップは薄めずにそのまま飲ませます。頬の内側に沿わせるように流し込み、その後に水などを飲ませましょう。

粉薬
◆ 基本は水で溶きます。
1、飲む直前に溶かしましょう。
2、一口で飲める量の水(スプーン1、2杯ぐらい)で溶かします。
3、ひゅっと口に流し込み、一口で飲ませます。
4、最後に水を飲ませてさっぱりさせましょう。

point多量の水で薄めると飲ませるのが大変です。少量の水で溶かしましょう。

<赤ちゃんや小さなこどもで、水で溶いたものが飲めない場合>

1、指をきれいに洗い、数滴の水で薬をペースト状に練ります。
2、これを赤ちゃんの上あごや頬の内側につけて、最後に水やミルクをのませてお薬を流し込みます。
◆どうしても水で溶かしたお薬が飲めない時は、好きな食べ物に混ぜてみましょう。
 水分が少なく、粘り気があり、香りの強い食品が、お薬を混ぜるのに適しています。
バナナ加糖練乳やわらかいプリンカスタードクリームジャムチョコレートクリームアイスクリームゼリー冷やしたポタージュスープなど。

  • point
  • ・散剤のコーティングがとれると苦みが増したり、薬効が落ちたりするので、飲む直前に混ぜましょう。
  • ・主食(ミルク、ごはん)に混ぜるのは止めましょう。薬のせいで、食べ物が嫌いになってしまうと困ります。
  • ・ヨーグルト、みかん類のジュース、スポーツドリンクは、一部薬品で苦みを増すことがあります。
  • ・はちみつは、1歳未満の乳幼児には食べさせてはいけません。

飲めたら大げさに誉めてあげましょう。
どうしても飲めなければ、病気がよくなることを説明して、説得してみましょう。



クリニック概要

くすの木クリニック

〒238-0011 神奈川県横須賀市米ケ浜通1-17 YMビル4・5F
※内科4階・小児科5階

TEL:046-884-8862

内科(4階)

  診療受付時間 日/祝
一般診察 09:00~
13:00
一般診察 15:00~
18:00

小児科(5階)

  診療受付時間 日/祝
一般診察 09:00~
12:00
予防接種
・健診
15:00~
16:00
一般診察 16:00~
17:30

※内科は予約優先、心療内科初診は完全予約制になります。
 小児科は、予防接種・健診は予約制になります。
 一般診察は受付順での診察になります。

近隣に提携している駐車場があります。

駐車場のご案内はこちら


診療科目

内視鏡検査

上部・下部内視鏡に対応

詳しくはこちら


健康診断

横須賀市の市民健診に対応(乳がん、子宮頸がん、歯科は不可) 

詳しくはこちら


予防接種

様々な予防接種が可能

詳しくはこちら


小児予防接種・乳幼児健診

当院は横須賀市のワクチン・健診協力医療機関です。

詳しくはこちら


小児科豆知識

小児科のちょっとためになる情報

詳しくはこちら


ページのトップへ