初めて受診される方へ

心療内科

心療内科は、心の症状、不安や抑うつ、不眠、イライラなど心の病気を扱う専門科です。
初診の方は完全予約制で金曜日の午後のみとなります。
まずはお電話にてお問い合わせください。

うつ

うつ病とは

「うつ病」は、いわゆる「心の弱さ」から発症するものではなく、セロトニンなどの脳内情報伝達物質の減少によって引き起こされると考えられており、脳のエネルギーが枯れてしまう機能的な病気といえます。


症状

やる気が出ない、悲観的になる、疲れやすい、眠れない、食欲がないなどの状態が続く。

具体的な症状は以下のとおりです。

  • 気分が落ちこむ
  • 物事への興味がなくなる
  • 楽しさを感じなくなる
  • 食欲がない、体重が減った
  • ゆっくり眠れない
  • 焦ってしまい落ち着かない
  • 自分には価値がないと感じる
  • 自分を責めてしまう
  • 疲れやすい
  • 気力がない
  • 思考力や集中力が低下した
  • 死について考えてしまう

原因

環境の大きな変化や過度のストレスにより脳内情報伝達物質のバランスが崩れて発症します。
悲しい出来事だけでなく、結婚や出産といったうれしい出来事でも起こる可能性があります。
具体的には、転勤・失業、結婚・妊娠・出産、事故、家庭内の不和、お金に関するトラブル、近親者との死別などが挙げられます。


治療法

十分な休養、および投薬による治療を行います。 抗うつ薬は、脳内情報伝達物質バランスを整える作用を持っています。


うつ病のセルフチェック

以下の症状がいくつか当てはまる場合、受診をおすすめします。

いつもより早く目がさめる
朝起きた時、陰気な気分がする
朝起きた時、テレビを見る気にならない
服装やみだしなみに興味が湧かない
仕事に取りかかれない
仕事が続かない
なかなか決断できない
気軽に人に会うことができない
何となく不安でイライラする
これから先やっていく自信がない
「この世から消えたい」と思うことよくある
テレビがいつものようにおもしろくない
寂し過ぎて誰かに側にいてほしい
すぐに涙ぐむ
夕方になると気持ちが楽になる
頭が重い、痛む
性欲が減退

不眠

不眠症とは

睡眠は個人差が大きく、3時間程度の睡眠で平気な人もいますし、7時間以上眠っていても、熟睡感が得られない人もいます。
このように長時間寝ていても、本人が不眠を自覚する場合は不眠症と判断されます。


症状

「寝つきが悪い」「眠っても途中で目がさめる」「寝た気がしない」などの症状が続きます。


原因

主に以下の原因が考えられます。

  • 海外旅行での時差や、交代勤務などによる睡眠リズムの変化、精神的ショックによるもの
  • うつ病など精神疾患によるもの
  • 騒音や室温など睡眠環境の変化によるもの
  • 「睡眠時無呼吸症候群」に代表されるような身体的疾患によるもの

治療法

不眠症の治療は主に薬物療法で、入眠障害、熟眠障害、早朝覚醒などの症状に合わせて、適切な睡眠薬を処方します。
感情の変化やストレスによる脳神経の興奮を抑えることで眠りを誘い、自然な眠りに近い睡眠をもたらします。


自立支援医療制度

自治体による通院医療費補助制度で、通常3割の自己負担が原則1割に軽減されます。
診療費だけでなく、お薬代にも適用されます。
この制度について詳しく知りたい方は、お住まいの市区町村窓口、居住区管轄の保健所(保健センター)へお問い合わせ下さい。
また、自治体に申請する時には、当クリニックで作成する診断書が必要になりますので、お気軽にご相談下さい。


クリニック概要

くすの木クリニック

〒238-0011 神奈川県横須賀市米ケ浜通1-17 YMビル4・5F
※内科4階・小児科5階

TEL:046-884-8862

内科(4階)

  診療受付時間 日/祝
一般診察 09:00~
13:00
一般診察 15:00~
18:00

小児科(5階)

  診療受付時間 日/祝
一般診察 09:00~
12:00
予防接種
・健診
15:00~
16:00
一般診察 16:00~
17:30

※内科は予約優先、心療内科初診は完全予約制になります。
 小児科の予防接種・健診は予約制になります。
 小児科の一般診察は受付順での診察になります。

近隣に提携している駐車場があります。

駐車場のご案内はこちら


診療科目

内視鏡検査

上部・下部内視鏡に対応

詳しくはこちら


健康診断

横須賀市の市民健診に対応(乳がん、子宮頸がん、歯科は不可) 

詳しくはこちら


予防接種

様々な予防接種が可能

詳しくはこちら


小児予防接種・乳幼児健診

当院は横須賀市のワクチン・健診協力医療機関です。

詳しくはこちら


小児科豆知識

小児科のちょっとためになる情報

詳しくはこちら


ページのトップへ